ハーブ仁淀川

清流のイメージで

                     近くを流れる日本有数の清流、仁淀川にちなんで『ハーブ仁淀川』と名付けました。
                                     『ハーブ仁淀川』は、仁淀川河口の西側にあります。

 栽培方針と栽培の履歴

ハーブのイメージを大切に、無農薬で化学肥料を使わない方針で栽培を始めました。
病害や害虫に襲われ、悪戦苦闘の連続でしたが、なんとか栽培を続けています。
除草剤も使わないため、雑草も手作業で除草します。夏場は草との戦いです。

 栽培しているハーブの種類

平成14年からハーブの栽培を始めました。
知識も経験も全くない状況からのスタートでした。
本を読んだり、苗を買ってきて植えたり、試行錯誤の連続でした。
一番苦労したのは乾燥方法でしたが、5年目くらいからようやく安定した製品ができるようになりました。ハーブ本来の色合いも出せるようになりました。

オープンガーデン

「ハーブ仁淀川」はオープンガーデンです。
ハーブ畑は自由に見学できます。季節に応じてクラフト作りもできます。

 オープンガーデン

ハーブの楽しみ方

ハーブはその香りと色合いで、毎日の生活を豊かにしてくれます。また体の調子を整え快適な生活を送ることが出来ます。利用方法は多岐にわたりますが、自分流にアレンジして楽しむのも良いと思います。

 ハーブの楽しみ